• blog image0 Comments
  • /
  • last updated : 21 November, 2022

コンペティティブインテリジェンス:ビジネスチームのための戦略

Category: Blogs
competitive intelligence strategies

競争力のあるインテリジェンス戦略は、組織内のさまざまな部門が戦略的なビジネス目標を達成するのに役立ちます。競合インテリジェンスは、競合他社の監視からサプライチェーンのインテリジェンスまで、組織のビジネス努力の包括的なビューを提供します。この記事では、競争力のあるインテリジェンス戦略が、企業やさまざまな部門が対応する市場や業界で競争上の優位性を達成するのにどのように役立つかを見ていきます。

競争力のあるインテリジェンスは、さまざまな方法でさまざまなチームに利益をもたらします。競合インテリジェンスは、競合他社が市場でどのようにパフォーマンスしているかを判断するのに役立ちますが、競合他社の行動に限定されるものではなく、戦略チームやマーケティングチームだけではありません。

営業チーム

競争力のあるインテリジェンスは販売プロセスの重要な部分であり、近年、市場に出回っている競争力のあるインテリジェンスツールの数が増加しています。営業チームは CI を使用して、見込み客が競合他社の製品とどのようにやり取りしているかを学習できます。競合他社の製品に関する見込み客の問題点を明らかにし、サービスや製品がそれらの問題点の解決にどのように役立つかを特定することで、営業担当者が商談を成立させるのに役立ちます。

競争力のあるインテリジェンス戦略により、営業チームはよりスマートにターゲットを絞り、より洞察力のある会話に参加することができます。

競合他社や見込み客のランドスケープに関する情報でよりよく準備されたセールスコールに入ることができ、コール中にリアルタイムの競争上の洞察を得て、それに応じてセールス戦略を変更できます。

セールスバトルカードは、セールスチームがセールスコールに備えてこれらの情報をすべて整理するための優れた方法です。セールスバトルカードは、営業担当者が競合他社、クライアント、見込み客に関するデータを準備して質問に答え、期待を超えるために使用する競争力のあるインテリジェンスツールです。

これらすべては、営業担当が見込み客のニーズ、競合他社、および市場状況に関する詳細を提供されたときに戦略を調整できるため、より高い勝率につながります。

マーケティングチーム

職業の適応性のために、マーケティングチームは競争力のあるインテリジェンスの恩恵を受けます。マーケティングチームは、需要を増やし、リードジェネレーションを増やすためにメッセージングとデザインを常にテストし、営業チームがより多くの商談を成立させるのを支援します。

競争力のあるインテリジェンスは、マーケティングチームが市場全体とランドスケープの明確なイメージを開発するのに役立ちます。これにより、マーケティングチームは競合他社よりも顧客とその行動をよりよく理解し、問題点と必要なソリューションをターゲットにするためにメッセージングやその他の手法を調整できます。

クライアント中心のマーケティング戦略の開発を支援し、営業チームがより多くの見込み客を呼び込み、より多くの取引を成立させることができます。

マーケティングチームは、CI戦略を使用して、競合他社が公開するコンテンツの種類を監視し、顧客の行動を追跡して業界に最も適したものを判断し、製品やサービスに関連する業界イベントに参加することで、コンテンツを更新できます。リードジェネレーション戦略は、イベントで使用して、顧客や見込み客から直接関連する洞察を得ることができます。

製品チーム

製品チームは、競合インテリジェンス戦略を使用して、競合製品と顧客プロファイルに基づいて製品ロードマップを視覚化および作成できます。また、新しい競合他社の特定、競合他社の製品やビジネスモデルの理解にも役立ちます。

製品チームは、競合他社が自社製品の価格設定とパッケージ化をどのように行っているかを理解し、市場の他の部分と比較してマージンがどこにあるかを理解する必要があります。競合他社が提供する価値と価格を理解して、既存の価格設定モデルが市場の他の組織に対して競争力を維持できるかどうかを調整し、判断する必要があります。

市場を理解することは、製品チームが恩恵を受けることができる競争力のあるインテリジェンスのもう1つの重要な側面です。顧客やその他の利害関係者が製品をどこに置きたいのかを理解することで、製品チームは消費者のニーズに合った製品をさらに作成し、営業がより多くの取引を獲得することができます。

CIツールを使用して競合他社を追跡し、顧客を監視して、製品の改良に積極的に取り組む必要があります。競争力のあるインテリジェンスは、製品開発にも役立ち、競合他社の一歩先を行くことができます。

調達チーム

調達チームは、直接材料を調達するための最適なソリューションとベンダーを特定する必要があります。さらに、彼らはまた、彼らが時間通りにそして可能な限り低いコストで到着することを確実にすることに焦点を合わせるべきです。競争力のあるインテリジェンスは、調達チームに次のようなメリットをもたらします。

  • これにより、ベンダーが現在の状況でどのように繁栄しているかを知ることができます
  • 消費者行動の傾向とパターンを分析する
  • 競合他社が材料を調達する方法

バリューレベラーである可能性のある複数の要因を収集して分析することは、調達チームにとって競争力のあるインテリジェンスの不可欠な要素です。これには、イノベーションとディスラプション、競争環境、定量的なデータ収集などの要素が含まれます。

競争力のあるインテリジェンスは、最も効率的なサプライヤーを特定し、支出データと傾向を分析し、調達プロセス全体のリスク要因を特定して追跡することにより、調達チームがサプライチェーンをよりよく理解するのに役立ちます。

競争力のあるインテリジェンスは、調達チームが競合他社、ベンダー、市場、および内部および外部の利害関係者が環境、社会、および政府の関係にどのように貢献しているかを追跡するために使用されます。

エグゼクティブチーム

経営幹部のリーダーシップチームは、意思決定プロセスを導くために競争力のあるインテリジェンス戦略に依存しています。競争力のあるインテリジェンスは、それぞれの業界で組織を前進させることもできます。競争力のあるインテリジェンスは、経営陣が状況を理解し、業界のトップ競合他社がどのように動いているかを理解するのに役立ちます。

エグゼクティブチームは、調査を通じて確認できる利害関係者と関連情報を探します。

競争力のあるインテリジェンスを経営陣に伝えるときは、簡潔に保ち、好みのコミュニケーション方法を使用して、経営陣が簡単に理解できるようにします。

意思決定を導き、競争力を獲得するために、経営幹部は競争環境を明確に把握する必要があります。CIはまた、経営幹部が潜在的な成長機会を逃さないようにし、情報のサイロを回避し、競合他社の動きに不意を突かれないように支援します。

戦略チーム

競争力のあるインテリジェンスは、戦略チームが競合他社の動きを特定して対処するのに役立ちます。また、組織の他のメンバーが四半期ごと、年間目標、または長期目標の達成にも役立ちます。

戦略チームは、競合他社が埋めようとしている空白と市場で埋める必要がある空白を特定し、その情報をエグゼクティブチームの目標に関連する潜在的なソリューションとともに組織全体の他のチームに中継することで、競争力のあるインテリジェンスからさらに利益を得ることができます。

戦略チームは、バトルカード、競争戦略の開発、内部コンテンツの提供、外部および内部の利害関係者からの関与の増加、メディア、製造中、または将来の取り組みで発生する可能性のある不要な問題から組織のストーリーと目標を保護するのに役立ちます。

私たちの方法論

XLSCOUTのカンパニー・エクスプローラーを使用すると、競合他社の特許ポートフォリオを定性的に分析し、競争力のあるレバレッジのための確かな情報を得ることができます。統計プロセス、高度な特許分析、セマンティック検索エンジンは、知的資産の品質を効果的に識別します。

分析から生成されたレポートは、専門知識を補足する役割を果たします。知的財産、特許競争、市場、およびその他のトピックに関する新しい実用的な視点を提供します。

あなたは正確に何を待っていますか?

包括的な競争力のあるインテリジェンスツールは、データをマイニングして分析する必要があります。データに意味が適用されたときにのみ、意味は価値を持ちます。XLSCOUTのAIベースのツールは、意味のある検索を開始し、終了します。これにより、競争環境を理解し、競合他社の動きを予測し、市場機会を特定する上で利点が得られます。

XLSCOUTは、さまざまな競合他社のポートフォリオを比較し、ファイリングの傾向、解決しようとしている主な問題、技術投資、コラボレーション、コア特許などのさまざまな洞察を抽出できる競争力のあるダッシュボードを提供します。数回クリックするだけで、ニーズに合わせた特許ランドスケープレポートが作成されます。

To know more, get in touch with us. ( Fix a meeting )