• blog image0 Comments
  • /
  • last updated : 11 November, 2022

世界のサステナビリティに関わるイノベーションを追跡するために特許が不可欠な理由とは

Category: Blogs
sustainability

2015年、すべての国連加盟国が「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択しました。そこでは、現代の深刻な問題に取り組むための青写真として「持続可能な開発目標(SDGs」が定義され、国連、加盟国、民間企業などすべての関係者が連携してSDGsの進展を加速させるべく取り組んでいますSDGsの達成には、政策レベルだけでなく、イノベーション、技術革新のレベルでの変革必要です。そのため、ビジネスリーダーにとって、事業戦略をサステナビリティと整合させることが急務となっています。 

世界中のビジネス関係者は、今やSDGsの意義に気付いています。ビジネスと持続可能な開発委員会(the Commission)が行った調査では、約35人のCEOや市民社会のリーダーが、持続可能なビジネスモデルは最大12兆米ドル相当の新しい市場と経済機会を開放する可能性があり、2030年までに最大3億8000万人分の雇用を増加させることができることを明らかにしています。 

イノベーション、経済成長、雇用の推進者として、企業はいつの日かSDGsの達成に貢献できるソリューションを開発することができます。イノベーションの原動力は技術です。技術の進歩によって、大規模持続可能なイノベーションをもたらすことができます。世界経済フォーラムとPwCの調査によると、SDGsの169のターゲットのうち、3分の2は技術革新によって達成できる可能性があるとされています。技術革新は、特許によって促進されます。特許は、イノベーションに対する世界的なアプローチを戦略的かつ偏りなく見ることができます。そこで、企業やその他のビジネス関係者が、持続可能な開発目標に向けたイノベーションを追跡し、持続可能なイノベーションに向けて大きく貢献するためのダッシュボードを開発しました。 

特許持続可能な開発のイノベーションと技術を追跡・測定するためになぜ不可欠なのか? 

1. 特許は、SDGsに関連する特定のイノベーションに関して、研究機関や企業を観察・評価するために使用することができます。 

世界をより良くする可能性のある技術に投資しているのはどの国か?特許発明、最終的に持続可能性を促進する可能性のある技術に強く焦点を当てているのか?研究機関と企業はSDGsの分野でどのように協力しているのか?世界の喫緊の課題について、どのようにしたら透明性を高めることができるのか?これらの疑問に対する答えとして、SDGs分析ダッシュボードは、世界の特許をSDGsに関連付け、持続可能な開発イノベーションとテクノロジーを追跡しています。 

2. 特許は、世界の環境問題や人道的課題に取り組む企業の重要性を浮き彫りにしています 

持続可能な開発目標を協調して達成するためには、ビジネスが重要な役割を果たします。そのため、ビジネスリーダーには、サステナビリティを考慮に入れ、それに応じた戦略的な意思決定を行うことが求められています。持続可能な開発のための戦略を成功させるためには、持続可能な技術とイノベーションに対する評価と追跡が非常に大きな意味を持ちます。特許をSDGsにマッピングすることで、企業の持続可能な開発技術関連の投資を測定し、どの組織がより持続可能な取り組みでリードしているかについて観察することができました。 

3. 持続可能性の問題に取り組む上で、どの国が最も貢献しているか、また、今後貢献していくかを判断します 

SDGsにマッピングされた世界の特許出願は、持続可能性の懸念に取り組む各国の貢献度を明らかにするものです。持続可能性と人類の繁栄を促進する技術に対する各国の重点的な取り組みを表示、比較するのに役立ちます。 

4. 特許は、SDGsを中心としたイノベーションと意思決定の追跡に上手く役立ちます 

持続可能なイノベーション進捗状況を追跡するために、持続可能な技術における新たな機会やホワイトスペースまたはギャップを特定することは、持続可能な開発目標に関連する特許分析よって行うことができます。また、以下のこと可能になります 

  • 未来志向の技術で競争優位に立つ  
  • 持続可能な投資に対する戦略的な意思決定を支援する
  • 持続可能な研究開発・技術への投資の進捗を時系列で把握する 

5. SDGsターゲット・指標に対応する技術の特定 

特許は、持続可能な開発技術やイノベーションについて様々な洞察を得るのに役立ちます。より深く掘り下げ、各SDGで開示されている基礎技術を特定するため、説明可能なAIベースの「タクソノミービルダー利用して、各SDGで定義された異なるターゲットと指標に対応したマルチレベルのタクソノミを作成しました。これによって、より良いサステナビリティの意思決定、情報に基づいた研究開発、そして従業員、顧客、株主間のコミュニケーションを支援するための投資戦略につなげることができます。 

SDGsと特許のマッピング 

持続可能な開発目標を特許にマッピングすることで、XLSCOUTNGB株式会社は、組織がSDGsアジェンダを受け入れ、それをビジネス戦略、イノベーション、投資判断の推進力として認識できるようにすることを目的としています。私たちのビジョンは、組織のビジネス目標をSDGsと結びつけ、技術的・競争的洞察を継続的に追跡することで、持続可能な開発イノベーションとテクノロジーに真に貢献することです。 

SDGs分析ダッシュボードでは、特許とSDGsをターゲットや指標でリンクさせることで、17SDGsそれぞれの分析を行うことができます。SDGsターゲット・指標は、SDGsの進捗を把握するための指標が定義されており、その技術は特許請求の範囲に開示されているため、SDGs達成のための基盤技術に広くリンクさせることができます。このように、ターゲットと指標を通じて、特許をSDGsにマッピングするアプローチ確立しました。技術と競合企業に関するダッシュボードにより、企業は持続可能な開発目標における競合企業の持続可能性への投資について、実用的な洞察を得ることができます。 

2022年10月27日(木)13:00より開催の、「XLSCOUT持続可能開発目標分析ダッシュボード」のウェビナー発表イベントに是非ご参加ください。ダッシュボードや方法論、SDGsダッシュボードの様々なメリットについてご説明いたします。 

SDG分析ダッシュボードの詳細については、こちらをご覧ください。 

To know more, get in touch with us. ( Fix a meeting )

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *