• blog image0 Comments
  • /
  • last updated : 14 November, 2022

競合他社を追跡することはなぜ重要なのですか?

Category: Blogs
competitors

脅威が襲う前に検出し、脅威が襲った場合は将来の保護層の構築を開始することが常に望ましいです。保護層の形成中に多くの新しいものも導入され、現在の作業システムを改善するのに役立ちます。同様に、競合他社の特許および知的財産権(IPR)を監視することは、企業が現在のシステムを改善しながら、将来の脅威に備えるのに役立ちます。特許監視は、付与された特許や新しい特許出願に関する最新情報を提供します。

イノベーションの特許を取得することは最終目標ではありません。また、競合他社の関連技術ドメインを監視することも重要です。取得、ライセンス供与、またはコラボレーションのための主要な技術分野における新しく有益な開発を特定することは、特許監視のユースケースの1つです。

特許モニタリングの目的は何ですか?

特許監視は多くの理由で有用になっており、そのうちの1つは、正しく使用すれば、企業の武器庫の強力な武器になり得るということです。しかし、正しく使用しないと、監視システムやリソースへのアクセスにコストがかかるため、企業に大きな財政的負担がかかります。企業はしばしば特許監視の動きを経験しますが、ビジネスの優先事項にほとんど適合しておらず、それが持っている真の力についての知識は限られています。

特許モニタリングレポートは、対象となる競合他社の特許ポートフォリオ、製品における非常によく似たドメイン技術の用途、比較に基づく技術ランキング、競合他社が追求する特許戦略などを提示するための方法です。このようなレポートは、あなたにとって重要な将来のIPトレンドを評価し、包括的な競争力のある監視を維持するのに役立ちます。

これらのレポートには、特許審査イベント、技術現場の監視、審査官の行動、家族紹介イベント、市場調査、およびその他の必要な情報に関する情報も含まれる場合があります。これらのレポートは、毎週、毎月、またはアドホックに生成できます。特許監視には、適切なデータベースにアクセスするために多額の財務投資が必要です。これはどの組織にとっても重要な側面ですが、中小企業は、この投資を多用する活動を実施する際の費用便益分析について考える必要があります。

競合他社の特許監視の利点

競合他社の特許と知的財産権を監視することにはいくつかの利点があり、そのうちのいくつかは以下にリストされています。

1. 潜在的な侵害評価

既存の発行済み特許によって全部または部分的にカバーされているサービスまたは製品を販売すると、既存の技術を侵害するリスクがあります。自分の作品が他人の作品を侵害しているかどうかがわかっている場合は、侵害事件に巻き込まれる前にライセンスまたは借用することを事前に計画することができます。

競合他社のポートフォリオを監視し、自宅に近すぎる特許を特定することで、知的財産を保護できます。さらに、モニタリングレポートまたはポートフォリオ分析に基づいて、ライセンス供与またはマネタイズが必要かどうかを決定することができる。

競合他社を監視しないリスクは、他の扇動された特許所有者があなたの製品の販売を中止しようとするだけでなく、失われた販売に対する損害賠償を求めるため、より大きくなります。リスクは、収益を生み出すためにいくつかの革新的な製品やアイデアに依存している中小企業にとって特に高いです。このような災害を回避するには、競合他社の特許を常に監視および分析して、組織が自由に運用できるようにする必要があります。

2. 操作の自由の選択

運用の自由(FTO)分析は、すべての潜在的な市場脅威を特定するために使用されます。FTO分析には、通常、同社の技術と同様の機能を持つ技術をカバーする発行済み特許および公開特許出願の検索クエリ、および侵害訴訟のリスクの評価が含まれます。

企業が技術や市場関連製品を収益化する能力は、その運営の自由度によって決まります。監視の助けを借りて、特許侵害訴訟は常に回避することができます。現在の特許および知的財産権活動を認識することは、市場運営を成功させるための最良の方法です。

3. 新たな成長機会の活用

競合他社の弱点や成長分野を知ることで、自分の成長経路を決定し、新しい機会や技術領域への扉を開くことが容易になるかもしれません。共通の分野に焦点を当てるのではなく、新しい分野を選択することは間違いなく会社に利益をもたらし、ポートフォリオ、製品、およびサービスに価値を付加します。

監視することで、競合他社の弱点についても知ることができ、それを悪用して、その分野での地位を確保することができます。また、組織の成長における重要なステップである新しい投資分野の決定にも役立ちます。

4. 特許造園における空間の認識

どんなにフィールドが混んでいても、新しい発明のための空白を発見する可能性は常にあります。

特許監視を通じてこれらのギャップを発見することは、企業に競争上の優位性を提供することができます。したがって、斬新な製品の開発を推進することは、同社の最善の利益になります。

ホワイトギャップが特定されると、これらの特定の関心領域は知的財産権によって保護される可能性があります。競争環境を理解せずに重要な戦略的決定を下すことは、組織にとってリスクとコストがかかる可能性があります。

5. 潜在的な特許紛争の検出

あなたの個人的な利益のために競争相手に対して行動を起こすことができるのは、競争相手が間違っていたことを認識している場合だけです。次のシナリオを考えてみましょう:競合他社の特許出願が特許性基準を満たしていない。スマートな企業は、このような状況で係属中の特許出願に異議を唱えるために、サードパーティの発行前提出を提出することができます。

競合他社が重要な特許権を受け取る可能性が高い場合、インテリジェント企業は、その行動のどれもがそれらの特許権を侵害していないことを確認することができます。同社は、将来の訴訟から製品を保護するために、「設計周り」プロセスを採用しています。したがって、これらの訴訟は、競合他社の係属中の特許出願の結果として発生する可能性があるためです。

6. 新たな競争相手を探す

フィールドに新しいプレイヤーを導入することは、常に既存のプレイヤーに脅威をもたらします。このシナリオを考えると、市場で足がかりを得るためには、競合他社の活動に注意を払い、情報を得ることが賢明です。その結果、企業は潜在的な脅威に戦略的に対処するためのより良い準備をすることができます。

7. 地理と管轄権の分析

現在、技術の進歩は、世界の単一の国、管轄区域、または自然地理学に限定されません。特許監視を管轄区域または地理的に限定することは、技術がすべての障壁を打ち破っているため、もはや適切な解決策ではありません。この分析は、国際市場における特許保護範囲の改善を追求する上で組織を支援します。

8. 現在の投資動向と今後の特許動向

特許保護を追求することは、お金と時間の両方の面で高価なプロセスであることは間違いありません。そのため、企業はそれを真剣に受け止め、慎重な投資を行います。一方、特許権を取得することは、出願人の投資を価値あるものにする競争上の優位性を提供します。特許出願は通常、長期的な投資であるため、成熟するまでに数年かかります。関心のある分野は、競合他社の特許出願を追跡することによって決定することができ、将来的にビジネスを収益化する可能性があります。

競合他社が保護しようとしているものに目を光らせておくことで、競合他社が意図したビジネス戦略を把握できます。それは彼らの特許出願を監視し、事前に計画することによって競争の方向性をよりよく理解するのを助けます。

結論

特許モニタリングからこれらの利益を得るには、特許出願に関する情報を定期的に更新する必要があります。この情報の遅れは、大きな損失につながる可能性があります。

AIの力の活用

XLSCOUTのような今日のAI搭載の特許分析ツールは、説明可能なAIベースの技術を活用して、企業が関連する技術情報を迅速に発見するのに役立ちます。XLSCOUTを使用すると、時間の経過とともにテクノロジーのトレンドを比較および分析することがこれまで以上に簡単になりました。グラフィカルなダッシュボードと洞察力に富んだランドスケープレポートに簡単にアクセスできるため、特定のテクノロジーの最新トレンドを表示および比較し、競合他社の戦略の変化を特定できるようになりました。

To know more, get in touch with us. ( Fix a meeting )

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *