• blog image0 Comments
  • /
  • last updated : 11 November, 2022

特許監視に投資すべきですか?

Category: Blogs
monitoring

商標や特許などの知的財産権は、企業が無形資産を保護するために使用します。知的財産権は企業に競争上の優位性を与えますが、長期的にトップを維持するには不十分です。継続的なイノベーションと競合他社のIPイニシアチブの監視は、トップの地位を維持するために不可欠です。特許監視は、この点で非常に有益で有用であることを証明できる重要なツールです。次のセクションでは、このプロセスの意味、範囲、利点、および欠点を検討します。

特許モニタリングとは何ですか?

パテントウォッチとも呼ばれる特許監視は、付与された特許や新しい特許出願を最新の状態に保ちます。絶え間なく変化する技術分野における特許ランドスケープの包括的な概要を提供します。これは、新しい発明、製品の発売、文献、および組織またはそのIP戦略に関連する可能性のあるその他の項目を監視するために企業によって使用されるカスタマイズされたツールです。

特許出願件数が驚くべき速さで増加しているため、知的財産分野における新しい発展に追いつくことが重要です。この情報は、創造性と革新を促進するため、研究者、エンジニア、およびR&Dコミュニティの他のメンバーにとって特に有益です。

特許監視の種類

1. 法的監視

法的監視は、関心のある分野で提出された特許出願を追跡するための優れた方法です。また、特許法や出願手続きの変更も報告します。

2. 技術監視

会社にとって重要な領域を中心に、新しい技術革新に関する最新情報に役立ちます。また、特許侵害者を特定するのにも役立ちます。

3. 市場モニタリング

市場モニタリングは、新製品の発売や新市場への参入など、特許価値を最適化するための効果的な戦略を開発するのに役立ちます。

4. 競争監視

競争監視は、その名前が示すように、競合他社の知的財産活動を追跡するために使用されます。また、ライセンスまたはクロス ライセンスの機会を特定することもできます。

企業は、目的と目標に応じて、単一のタイプの監視または上記の組み合わせを選択できます。会社のニーズに応じて、このプロセスは毎週、隔週、四半期ごと、半年ごと、または毎年行うことができます。

特許監視プロセス

特許監視は、プロセスを第三者機関にアウトソーシングするか、ソフトウェアを使用するか、手動で行うことによって行うことができます。各プロセスには長所と短所があります。このプロセスを自分で実行することは、最も費用対効果の高いオプションですが、最も時間がかかります。さらに、専門的および技術的支援が不足しているため、意図された目的を達成するのに効果的ではない場合があります。

特許監視を実行するために専門会社を雇うことは費用がかかる可能性がありますが、結果が最適でエラーがないことを保証します。これらの企業はまた、会社の業績に関する重要な参考文書として機能し、さまざまな目的に使用できる詳細で包括的なレポートも提供しています。

自動特許監視は、プロセス全体をスピードアップしながら、継続的な更新を受け取るのに役立ちます。それはあなたがあなた自身のペースでプロセスを追跡できるようにすることによって比類のないカスタマイズと利便性を提供します。

特許監視の利点

1. 侵害

特許監視により、侵害の検出が容易になります。誰かがあなたの特許を侵害しているかどうかを知ることができるだけでなく、あなたが開発している技術が既存の特許を侵害しているかどうかを発見することもできます。この知識により、時間とコストの両方を節約できます。

2. 市場戦略

企業は、特許監視を使用して競合他社の市場戦略について学ぶことができます。競合他社の戦略を推測できることは、より良い政策の策定とあらゆる課題に対処するための再構築に役立ちます。また、成功と失敗を評価し、それに応じて独自の戦略を微調整するのに役立ちます。

3. 成長実現可能なセクター

特許モニタリングは、より多くの機会を持つセクターを特定することを可能にします。これにより、特許の多いセクターから、将来有望な比較的新しいドメインに移行することができます。

4. 投資機会

特許モニタリングは、まだ探求されていない市場や競合他社が少ない市場での新しい投資機会を特定するのに役立ちます。新しい機会とは別に、競合他社による放棄された特許出願を報告することで、既存の市場に参入することもできます。

特許監視の欠点

一部の企業は、特許監視のコストによって延期される可能性があります。監視とアラートを含む総コストは、年間$ 2,000に達する可能性があります。これは平均的な数字です。実際のコストは、必要なサービスの数によって異なります。しかし、意識の欠如や戦略の貧弱さから生じる可能性のある莫大な財務コストと比較すると、これは支払うべき小さな代償です。

なぜ特許監視ツールを使うべきなのですか?

時間とお金は、どの企業にとっても貴重なリソースです。USPTOの開発に追いつき、競合他社を追跡することは、企業にとって重要な課題です。このコミットメントにはかなりの時間が必要であり、ビジネスの成長に必要な他の重要な活動からあなたをそらす可能性があります。これは、特許監視ツールが時間、労力、およびお金を最大限に活用するのに役立つ場所です。彼らは時間通りの配達とお金のための良い価値を確保することができます。

結論

このプロセスからこれらの利益を得るには、特許出願に関する情報を定期的に更新する必要があります。この情報の遅れは、大きな損失につながる可能性があります。

AIの力の活用

XLSCOUTのような今日のAI搭載の特許分析ツールは、説明可能なAIベースの技術を活用して、企業が関連する技術情報を迅速に発見するのに役立ちます。XLSCOUTを使用すると、時間の経過とともにテクノロジーのトレンドを比較および分析することがこれまで以上に簡単になりました。グラフィカルなダッシュボードと洞察力に富んだランドスケープレポートに簡単にアクセスできるため、特定のテクノロジーの最新トレンドを表示および比較し、競合他社の戦略の変化を特定できるようになりました。

To know more, get in touch with us. ( Fix a meeting )

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *