• blog image0 Comments
  • /
  • last updated : 26 September, 2022

データコーパスとナレッジベースAIコーパスをR&Dへの共同アプローチに活用

Category: Blogs
v617-bb-04-technology (1)

R&D部門は、新しい方法論を採用し、従来のアプローチを排除し、エンドユーザーのカスタマイズを可能にするという大きなプレッシャーにさらされています。

したがって、既存のプラクティスを、生産性を大幅に向上させることができるテクノロジー支援プラクティスでアップグレードすることが非常に重要です。組織によって異なる変数がありますが、主に、R&D機能の合理化に関しては、部門間のコラボレーションが不可欠です。

チームコラボレーション

組織は、テクノロジ、地域、ドメイン、チームなどの面で時間とともに拡大する傾向があります。この拡張により、すべての事業地域で労働力のプレゼンスが大幅に向上することが求められます。部門横断的なアイデア共有とともに成長傾向のあるビジネス機能としてのR&Dは、労働力が散在しているため、その過程で最も苦しんでいます。

チーム間のコラボレーションを管理し、保証し、共通の目標に向かって連携する非常に効率的なネットワークにすることは非常に重要です。R&Dには、エンジニアリング、製品開発、事業開発、ビジネス機能とのコラボレーションが必要です。

ここでは、IP と R&D のコラボレーションの理由と、部門間のコラボレーションに影響を与える可能性のある根本的な原因を強調するいくつかの指針を示します。

操作の性質

R&D部門とIP部門は非常に独特に取り組んでいます。R&D部門がイノベーションと新技術の識別に重点を置いているのに対し、知的財産部門は侵害、訴訟、ポートフォリオ管理、剪定分析などの特許業務に関連する技術に焦点を当てています。

アプローチの違い

これらの両チームの関係は、特許データによって異なります。R&Dの目的は、特許を分析して技術的な洞察を生み出し、部門内の主題を理解することですが、法務部門は特許の法的および金銭的側面に焦点を当てています。

用語のギャップ

R&Dは専門用語を使用しますが、IPは再び法的専門用語になります。これはしばしば誤解につながる可能性があります。R&Dにとって普通のことは、IPにとっては非常に箱から出しているかもしれません。このギャップは、しばしば理解の違いやコミュニケーションの行き来につながり、最終的には既存のタイムラインのフラストレーションと遅延につながります。

これらの部門間コミュニケーションは、コミュニケーションを妨げる上記の要因を排除し、IPおよびR&Dビジネス機能を同じページにまとめることができるプラットフォームがあれば、チャネリングが容易になります。

オープンハウスディスカッション、知識共有、部門間会議などのイニシアチブを組織に組み込んで、コミュニケーションギャップを埋めることができます。インタラクティブな相互運用可能なツールをオンボードで提供でき、両方の部門の機能的なニーズを満たすことができます。

XLCOUTは、IPおよびR&Dの専門家が専用の機能要件に関する洞察を得ることができ、ユーザー間でシームレスな視覚化と分析の共有を可能にするそのようなプラットフォームの1つです。

XLSCOUT X-SDI – IP チームと R&D チーム間のコラボレーションを再定義するプラットフォーム。

XLSCOUTコンペティティブインテリジェンスプラットフォームは、希望の頻度に従って特許アラートを設定することにより、技術と競合他社の追跡を可能にするコラボレーションプラットフォームです。

XLSCOUT SDIの主なハイライト

  1. 無限のリポジトリ(機械学習を使用)
  2. 特許アラートの 1 回限りのセットアップ
  3. メタデータ タグ: カスタマイズを許可する
  4. 電子メールアラート (オプション)
  5. 読者と管理者のビューを提供するR&DとIPのアクセス制御
  6. 仲間同士の共有
To know more, get in touch with us. ( Fix a meeting )

Leave a comment

Your email address will not be published.