• blog image0 Comments
  • /
  • last updated : 26 September, 2022

研究開発のためのツールとモデル

Category: Blogs
businessmen-businesswomen-meeting-brainstorming-ideas (1)

R&Dビジネス機能は、組織が絶えず変化する技術革新に追いつくことを可能にするため、組織内で最も重要かつ重要な部門の1つです。R&D機能のない会社を想像してみてください。R&Dチームが採用する多面的なアプローチには、文書化する必要がある多くの複雑なプロセスが含まれます。フレームワークとワークフローは、イノベーションとビジネス戦略の策定に役立ち、研究者が関連する機能ドメインを探索することを可能にするため、R&Dワークフローの重要な要素の1つです。

ここでは、R&Dが目標のマッピング、かさばるデータベースの管理、他のビジネス機能とのコラボレーションを支援するツールの包括的で網羅的ではないリストを示します。

故障モデルと影響解析(FMEA)

故障モードと影響分析 (FMEA) は、プロセスを評価するための体系的でプロアクティブな方法であり、どこでどのように故障するかを特定し、さまざまな故障の相対的な影響を評価して、プロセスの最も変更が必要な部分を特定します。FMEAモデルにより、研究者はプロセスステップ、故障モード、故障の原因と影響を分析できます。

品質機能展開(QFD)と品質の家(HoQ)

品質機能展開 (QFD) および品質の家 (HOQ) は、顧客要件を定義し、計画マトリックスの形式で設計仕様または製品管理特性を変換するための構造化されたアプローチです。QFDは、顧客の要望と技術的な方法のチャート化を可能にし、設計関係のより良い理解につながります。

このアプローチは、研究ベースの情報を文書化するためのシステムを導入するのに役立ち、人々が一緒に考えることを可能にすることで、R&D機能の全体的な生産性を向上させます。

ロードマップ

ロードマップは、ビジョンから現実へと主導権を握るために必要な行動、ステップ、リソースを決定する戦略的プロセスです。ロードマップは、部門間の対話、合意形成、コミュニケーションを可能にし、計画指向のプラットフォームを通じて変化を推進します。

シナリオ計画

シナリオ計画は、特定の不確実性のセット、つまりビジネスの将来に何が起こるかのさまざまな「現実」を特定することです。シナリオ計画演習は、研究開発(R&D)組織が将来の不確実性を特定し、既存または提案されているR&Dポートフォリオの回復力をテストし、短期的および長期的なポートフォリオ管理の決定を導くのに役立ちます。

考えられる既知のシナリオを考慮に入れています。

シナリオ計画ツールについて知っておくべきその他のリソース

リソース 1

リソース 2

ステージゲートモデル

ステージゲートモデルは、フェーズゲートプロセスとも呼ばれ、イニシアチブまたはプロジェクトが意思決定ポイントで区切られた個別のステージまたはフェーズに分割されるプロジェクト管理手法です。各ゲートでは、継続はマネージャー、運営委員会、またはその他の利害関係者によって決定されます。

この方法は、製品のアイデア、開発、テスト、発売などの段階を考慮に入れた新製品開発への構造化されたアプローチを提供します。

この方法は、それができるように有益です

  • 製品開発への構造化されたアプローチ
  • 部門横断的なチーム間のコラボレーション
  • プロジェクトまたは製品開発サイクルにおける潜在的なエラーや抜け穴を軽減

TRIZ モデル

Trizは、独創的な問題解決の理論のロシア語の頭字語です。

本質的に、TRIZの背後にある主なイデオロギーは、業界を超えて繰り返される問題と解決策が存在するということです。

TRIZは、発明的問題解決の理論としても知られており、ビジネス上の課題を解決しようとして行き詰まったプロジェクトチームのために発明を促進する技術です。これは、チームが新しい道を見つけるのに役立つ同様の過去のプロジェクトに関するデータを提供します。

基本的には、イノベーターに過去の問題や並列領域での同様の問題の解決策にインスピレーションを探すよう促すことで、創造性をシミュレートする問題解決ツールです。

これらのモデルは、部門横断的なデータ共有、詳細な分析、インタラクティブな視覚化を通じて、R&Dプロフェッショナルが戦略的に情報に基づいた意思決定を行うのに役立ちます。これらのモデルはR&Dプロセスの合理化に役立ち、ユーザーは研究を正しい方向に構造化することができますが、適切なモデルを特定することは困難な場合があります。

XLSCOUTは、AIベースのインテリジェンス視覚化ツールで、特許データベースの構築を支援し、これらのモデルのほとんどの基準点として機能するインタラクティブな視覚化を提供します。このツールは、特許検索やその他のIPワークフローをより効率的にするさまざまな技術主導のソリューションを提供します。これらは既存のシステムと簡単に統合でき、プロセスをさらに合理化できます。

To know more, get in touch with us. ( Fix a meeting )

Leave a comment

Your email address will not be published.