• blog image0 Comments
  • /
  • last updated : 21 November, 2022

競争上の優位性:7つの競争力のあるインテリジェンス要素

Category: Blogs
competitive advantage

競争優位性とは

競争上の優位性は、企業を有利または優れたビジネスポジションに置く条件または状況として定義されます。すべての企業は競争上の優位性を望んでいます。それを得ることは難しく、そして1つを保つことはさらに困難です。

ビジネス競争は激化しており、ディスラプションはかつてないほどの速さで起こっています。アクセンチュアの調査によると、現在、企業の63%がディスラプションを経験しており、44%がディスラプションに対して非常に脆弱です。さらに、Innosightは、上場企業のわずか3%のみが、組織の戦略的変革において重要な進歩を遂げていることを発見しました。

コンペティティブ・インテリジェンスは、競争上の優位性を獲得するためにどのように役立ちますか?

競争力のあるインテリジェンスにより、マーケットリーダーは地平線の先を見据え、情報に裏付けられた市場予測に基づいてビジネス戦略を立てることができます。

競合インテリジェンスにより、企業の競争環境に関する情報を収集、分析、およびそれに基づいて行動することができます。このインテリジェンスには、市場、サプライチェーン、製品など、競争環境に関連するあらゆるものを含めることができます。簡単に言えば、競争的インテリジェンスとは、競争上の優位性を創造し維持する能力に影響を与える力を継続的に監視することです。

競争上の優位性を得るためには、組織内のすべてのチームに、職務に関連する特定の実用的なインテリジェンスが必要です。

競合インテリジェンスの要素

競合インテリジェンスは、企業に市場での競争上の優位性を提供することを目的としています。競争上の優位性を真に獲得するには、企業のチームが部門を変更、対応、改善できるように、自分に影響を与えるインテリジェンスにアクセスできる必要があります。

多くの人々は、競合インテリジェンスを単に競合他社を追跡することと考えていますが、徹底的な競合インテリジェンスを取得し、ビジネスを前進させるためには、追跡する必要があるものがさらに多くあります。

次の 7 つの競合インテリジェンス要素について考えてみましょう。

1. セクターインテリジェンス

セクターインテリジェンスは、大規模な企業グループで何が起こっているかを監視します。セクターは、ヘルスケア、金融、情報技術、通信など、同様の主要な事業活動に従事するグループ会社によって形成されます。これらのタイプのビジネスにとって重要な経済的変化と変化を検証します。

セクターインテリジェンスは、各セクターが異なる特性と異なるリスクプロファイルを持っているため、これらの傾向へのアクセスを提供します。

投資、管理、またはアドバイザリー企業のコンサルタントや投資家は、セクターインテリジェンスを使用して重要な推奨事項を作成するのに役立てます。

セクターインテリジェンスは、各セクターが異なる特性と異なるリスクプロファイルを持っているため、これらの傾向にアクセスできます。

アドバイザリー、マネジメント、または投資会社の投資家やコンサルタントは、セクターインテリジェンスを使用して重要な推奨事項を作成するのに役立てます。

たとえば、投資銀行は売買の意思決定を迅速に行う必要があります。株式はそれぞれのセクターのパフォーマンスを追跡する傾向があるため、セクターインテリジェンスはその決定を下す上で重要です。

一方、アドバイザリーファームは、知識ベースの推奨事項とサービスを提供します。彼らはしばしば、破産などの困難な時期を経験している企業と協力しています。これらの企業のパートナーは、専門知識を企業に販売するだけでなく、企業の将来において重要な役割を果たすこれらの重要な推奨事項を作成するために、現在のセクターインテリジェンスを必要とします。

2. マーケットインテリジェンス

マーケットインテリジェンスは、市場全体について収集されたデータです。市場は、買い手と売り手の出会いの場であるため、業界よりも具体的です。マーケットインテリジェンスは、企業の競合他社、地位、成長機会、顧客、および現在または潜在的な問題に光を当てます。これらの洞察は、パートナーが会社の製品とサービスの競争力のある戦略を特定して開発するのに役立ちます。

企業は、B2BまたはB2C市場のランドスケープをナビゲートする際に多くの課題に直面しています。マーケットインテリジェンスは、企業が効果的にビジネスを行い、取引を成立させ、業界で競争力を維持するために、定期的に追跡する必要がある重要なプラクティスです。

マーケットインテリジェンスの使用を必要とする企業が直面する可能性のある課題のいくつかは次のとおりです。

  • お客様の要件を理解していない
  • 新規または既存の市場への拡大
  • 現在の製品と競合他社の製品の分析
  • 競合他社の長所と短所を特定して、競合他社よりも多くの価値を提供するように製品やサービスを変更する。

マーケットインテリジェンスは、複数のチャネルにわたる組織、製品、またはサービスのポジションを向上させるために、顧客と市場のニーズに関するより良い洞察を提供できます。SMARTの目標を達成し、新しいターゲット市場を探索し、顧客、競合他社、その他の利害関係者の傾向を特定するために、より多くのリソースを割り当てる正しい方向にあなたを導くことができます。

3. 競合他社のインテリジェンス

競合他社インテリジェンスは、業界の競合他社の動きと決定を理解することに関心があります。

これは、競合他社がサービスをどのように販売しているか、製品を開発しているか、マーケティング、販売契約を獲得しているか、および業界やランドスケープにおける全体的な競争力を追跡することを目的としています。また、製品やサービスを競合他社の製品やサービスと比較します。

すべてのチームは、競合他社が関連部門で何をしているのか、そしてそれがビジネス、市場、消費者などにどのように影響するかを理解し、監視する必要があります。

競合他社のインテリジェンスは、マーケティングチームや営業チームが、競合他社が自社の製品やサービスをどのようにマーケティングしているかを理解し、ターゲットにしている可能性のある見込み客と取引を成立させるのに特に役立ちます。

競争がより困難になるにつれて、競合他社のインテリジェンスに対する需要が高まります。ランドスケープで商談を勝ち取るための競合他社の全体的なアプローチを理解することで、製品、営業、マーケティング、その他の部門が競合他社の戦略と戦うのに役立ち、最終的にはビジネスにより多くの収益をもたらすことができます。

競争力のあるインテリジェンスを収集することで、企業は市場での地位、新規顧客を獲得する方法、忠実な顧客を維持する方法を理解することができます。

競争力のあるインテリジェンスは、業界での競争力を維持し、潜在的に時代を先取りすることを可能にするため、会社の成功に不可欠です。競合他社のインテリジェンスを使用すると、競合他社が何をしているのかを調査し、その動きを追跡し、それらと戦うための戦略を策定して、会社の全体的な競争力を向上させ、クライアントや見込み客の要件を満たし、より多くの取引を成立させます。

競合インテリジェンスは、さまざまなビジネスチームが、競合他社のために働くカウンターパートチームが動きやビジネス上の意思決定をどのように管理しているかを理解するのに役立ちます。これは、製品チームが製品を開発または改良する方法、マーケティングチームがメッセージングを適応させる方法、営業チームが戦略を適応させる方法を特定できるため、重要です。

4. イノベーションインテリジェンス

ディスラプションとは、より少ないリソースを持つ中小企業が既存の既存の企業とうまく競争できるプロセスを指します。

アイデアや方法を斬新な方法で発見し、取り入れることによって問題を解決する技術は、イノベーションインテリジェンスとして知られています。

絶え間なく変化する市場に成長し、適応するために、すべての企業は、早期に市場での優位性を獲得し、競争力を維持するためにイノベーションインテリジェンスを必要とします。

あなたの会社が現職であろうとディスラプターであろうと、イノベーションインテリジェンスは成功に不可欠です。

  • 既存の企業は、市場破壊者を追跡して、チームが新しい製品やサービスを革新したり、既存の製品やサービスを強化したりするのを支援することでメリットを得ます。
  • ディスラプターは、イノベーションとディスラプションインテリジェンスを使用して、埋めることができる市場のギャップや、要求の少ない顧客が既存のビジネスに不満を抱いている場合を特定します。

ビジネスの過剰拡大は、イノベーションとディスラプションにつながるハードルの1つです。一部の既存企業は、自分の能力を超えてビジネスを拡大しています。その結果、一部の顧客は他の高チケット顧客よりも注目を浴びません。マーケットイノベーターとディスラプターは、お客様のペインポイントを特定し、より良いソリューションを提供できます。

競争環境の本質はイノベーションとディスラプションインテリジェンスであり、既存の企業が自社製品や業界のディスラプターをさらに改善して、まだ埋められていない市場のギャップを見つけたり、消費者が直面する新しい問題に対処するために独自の市場を創出したりすることができます。

顧客行動の急速な変化や、リーチを拡大しようとするさまざまな業界からの競合他社の流入に対処し、新しい製品のニーズを特定し、それぞれの市場で競争力を維持するために販売モデルを変更する際に企業を支援します。

5. セールスインテリジェンス

セールスインテリジェンスとは、データとソフトウェアを使用して、営業担当者が準備完了アカウントの購入、リードの生成、顧客プロファイルの作成、データ管理の改善、およびその他の活動に力を注ぐのを支援することです。ビジネスは日々変化しており、営業には継続的に監視するツールが必要です。

営業チームは四半期ごとに 1 つのキャンペーンを実施し、現在必要としていないアカウントに重点を置くことが多すぎます。セールスインテリジェンスは、買い手の意欲を示すトリガーがないか常に市場を監視します。また、パーソナライズされた関連性の高いアウトリーチを提供するために、主要アカウントに関する調査も実施しています。

特に、バトルカードは、特にSaaSの販売のために非常に人気があります。競合他社の反対意見が電話で持ち上がった場合、バトルカードは営業担当に必要な情報を提供し、不意を突かれないようにします。

6. 調達とサプライチェーンインテリジェンス

調達およびサプライチェーンインテリジェンスは、供給およびベンダー契約に関連する情報を収集および分析するプロセスであり、自信を持って調達およびカテゴリ管理の決定を下すことができます。

このタイプのインテリジェンスは、以下に関する情報を提供します。

  • 需給数値
  • 工数
  • 競争力のある販売価格
  • 保管料
  • 規制および課税のコストとリスク
  • 材料供給インテル
  • ベンダー/パートナーの内訳

主に、サプライチェーンインテリジェンスは、市場で何が起こっているかを常に監視して、需要に応じて必要な生産率、製造/保管に最適な場所、コストと販売価格を通知するため、市場が望むものを生産しながら収益性を維持し、競争力を大幅に高めます。

調達とサプライチェーンのインテリジェンスは、調達チームとサプライチェーンチームがお金を節約し、組織のリスクを軽減する方法を特定するのを支援するため、企業に競争上の優位性を提供する上で重要です。また、信頼性の向上、トレンドの識別、リスクの監視、サプライヤーの識別などの利点にも貢献します。

7. ESGインテリジェンス

環境・社会・ガバナンス(ESG)インテリジェンスは、企業の業務が環境、社会問題、政府関係に与える影響を判断することに関心があります。

環境フットプリント、持続可能性に関する業界と競合他社の方向性、環境への影響を監視します。また、競合他社の社会福祉や人道的取り組み、および外国および中央政府との関係も追跡します。

ESGインテリジェンスは、企業が環境、社会、政府との関係に対する態度の変化に適応するために不可欠です。他の組織がビジネスモデルを適応させ、顧客がより多くのESGインパクトを求め、ランドスケープがより持続可能になるにつれて、企業は競合他社よりも迅速に適応し、消費者が要求しているように見えるシフトをリードするために、これらの変化を追跡する必要があります。

ESGインテリジェンスにより、変化する状況を把握できるため、企業はESGを無視することはできません。

あなたは正確に何を待っていますか?

包括的な競争力のあるインテリジェンスツールは、データをマイニングして分析する必要があります。データに意味が適用されたときにのみ、意味は価値を持ちます。XLSCOUTのAIベースのツールは、意味のある検索を開始し、終了します。これにより、競争環境を理解し、競合他社の動きを予測し、市場機会を特定する上で利点が得られます。

XLSCOUTは、さまざまな競合他社のポートフォリオを比較し、ファイリングの傾向、解決しようとしている主な問題、技術投資、コラボレーション、コア特許などのさまざまな洞察を抽出できる競争力のあるダッシュボードを提供します。数回クリックするだけで、ニーズに合わせた特許ランドスケープレポートが作成されます。

To know more, get in touch with us. ( Fix a meeting )