• blog image0 Comments
  • /
  • last updated : 21 November, 2022

特許造園:5つの競合インテリジェンスインサイト

Category: Blogs
competitive intelligence insights

競争力のあるインテリジェンスは、ビジネスの意思決定において重要な要素です。競合インテリジェンスの洞察を評価する際には、競合他社の売上、戦略、市場シェアが頭に浮かびます。

しかし、特許造園分析は、世界中の業界をリードする企業によって、最も議論されていないが最も頻繁に使用される洞察のいくつかを提供します。

このブログでは、特許出願分析から得られる最も重要な競合インテリジェンスの洞察について説明します。

特許造園分析からの5つの重要なポイント

1. 競合他社が新製品を開発しているときの認識

特許は、競合他社が何か斬新なことに取り組んでいるという最初の決定的な証拠です。競合他社が取り組んでいることを常に把握するには、定期的にファイリングを監視します。

これにより、この作業ラインにとどまるかどうかを判断できます。

彼らが開発しているイノベーションがあなたのコアIPに近い場合は、侵害のリスクを減らすためにそれに目を光らせることができます。

2. 競合他社のパートナーシップを検討する

競合他社は大学や他の研究機関と協力していますか?

彼らは他の企業と協力していますか?

特許造園により、競合他社の戦略的提携を発見することができます。これにより、彼らの同盟をあなたの同盟と比較して、彼らが十分に競争力があるかどうかを判断できます。その結果、新しいパートナーシップを求めるべきか、追加のパートナーシップを求めるべきかを決定できます。

3. 競合他社のR&D努力と戦略的方向性を評価する。

特許分類により、特定の技術または製品分野を取り巻く特許の「クラスター」を見ることができます。特定の分野における特許出願の量は、競合他社の努力への洞察を提供し、その分野に焦点を当てています。

これにより、競合他社が基幹業務をあきらめている (または開発している) かどうかに関する具体的な情報が提供されます。この知識は、彼らの行動があなたの技術を侵害しているかどうか、またはあなたの会社が新しいビジネスラインを追求すべきかどうかを判断する上で重要です。

4. 研究開発投資に関する情報

特許がどのように出願されたかを知ることで、競合他社が新技術に提供した資金の額について貴重な洞察を得ることができます。発明が法的代理人がほとんどいない民間の発明者によって提出された場合、特許の価値が低い可能性があります。一方、それがPCT(特許協力条約)出願であった場合、イノベーションは競合他社にとって重要な価値があると結論付けることができます。

5. 訴訟の頻度

特許の法的歴史を調べると、競合他社がそれにどれだけの努力を払ってきたかがわかります。厳格な訴追は、同社がこの技術を高く評価し、それを保護するために最大限の努力を払っていることを示しています。この情報は、テクノロジーが基幹業務にとってどの程度重要であるかを判断するために必要です。

イノベーションを取り巻く訴訟が多数ある場合、それは会社にとって非常に重要であると考えることができます。一方、法的活動の欠如は、特許が放棄されたか、その有用性がもはや優先されていないことを示している可能性があります。

IP分析を通じて明らかにできる競合他社に関する情報はたくさんありますが、すべてを1つのブログエントリに含めることは不可能です。これら5つの分野は、競争力のあるインテリジェンスのために最も一般的に使用される知的財産の洞察の1つです。

特許ランドスケープの洞察を注意深く見守れば、市場の競争の場を手の甲のように知ることができます。このデータを有効活用することで、競合他社の次の動きをより正確に予測することができます。したがって、あなたはそれにそれらを打つか、彼らが進むにつれて慎重にそれらを観察することができます。

私たちの方法論

XLSCOUTは、さまざまな競合他社のポートフォリオを比較し、ファイリングの傾向、解決しようとしている主な問題、技術投資、コラボレーション、コア特許などのさまざまな洞察を抽出できる競争力のあるダッシュボードを提供します。数回クリックするだけで、ニーズに合わせた特許ランドスケープレポートが作成されます。

 

To know more, get in touch with us. ( Fix a meeting )

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *